Chargement...

follow us!

fr, en
歴史

SAKEとは?

日本酒は、2000年以上の歴史を持つ日本の伝統的な醸造酒です。お米を発酵させて造られ、アルコール度数は大よそ14~17%と様々です。

また、600 以上の香りの性質を持っていると言われています。

日本では、フランスの良質なワインのように、食事の最初から最後まで一緒に楽しまれます。

SAKEを醸造する上で重要な役割を担うものです。

蒸米に麹菌を振りかけ、その菌がお米の糖化(デンプンをグルコースに変換する)を可能にする酵素を生産・放出して増殖します。

 

麹とは、蒸米に麹菌が繁殖して乾かされた状態のものです。

麹菌は、米の主成分であるデンプンとたんぱく質をブドウ糖とアミノ酸に変換する酵素を生産し、糖をアルコールに変える酵母の働きを助けています。

醸造

WAKAZEのノウハウ

1. 精米

玄米状態の茶色い糠(ぬか)の部分を削って白米にするために、精米をします。WAKAZEは、お米の味わいを存分に活かすために、ほとんど磨いていないお米を使用しています。

2. 洗米・浸漬

精米後の米粒には糠や埃などがついているため、浄水で洗う必要があります。  

その後、お米を水の入った大きなたらいに入れて16時間~18時間浸漬させ、できるだけ多くの水分を吸収させます。

3. 蒸米

一度に100kg~150kg、102℃で1時間蒸します。蒸すことで米粒が柔らかくなり、発酵の際にお米が水中で分解されるのに適した粘度と湿度に調整することができます。

4. 麹

蒸米の一部は、室度30℃~40℃の間に保たれた麹室という部屋で麹造りに使われます。3日かけて、麹菌を振りかけたお米の塊を手でほぐして練り続けることで、菌の付着を均質にしていきます。 

5. 酒母造り

文字通り「酒の母」という意味で、小さなタンクに蒸米の一部、麹、水、ワイン酵母を一緒に入れます。14日間かけて麹の酵素が徐々に糖化を進め、発酵が進んでいきます。

酒母は1つのお酒の性質が形取られる重要な段階のため、杜氏の腕が試されます。

6. 発酵

蒸米、水、酒母、麹を、10℃~15℃の温度で2500Lのステンレスタンクに入れて混ぜ合わせます。この状態を醪(もろみ)といい、醪の発酵は3~4週間、3段階に分けて行います。

7. 圧搾・低温殺菌

醪は2日間かけて、自動圧搾機でゆっくりと搾ります。濾過された原酒を65℃で1分弱低温殺菌した後、すぐに冷却します。

8. ボトリングとラベル貼り

できたお酒は蔵の中で瓶詰め、その後コルクで密封され、ラベルが貼られて出荷されます。

原料

100%フランス産、生産ルートの見える原料

お酒の品質や風味は、使用する水の質や米の品種など、多くの要素に左右されます。

厳選したフランス産の原料を使用することで生まれた、100%フランス産のSAKEをお楽しみください。

  • カマルグで栽培されたIGPのジャポニカ米
  •  イル・ド・フランスのミネラル豊富な硬水
  • マントン産のレモンとプロヴァンス産のバーベナ

なぜフランスでSAKEを作るのか? 

私たちの夢は、誰でも気軽にSAKEを楽しめるようになることです。そのために、物流や関税、仲介料などすべての不必要なコストを削減するようにしています。 

1- 直接販売: 都心であるパリの近郊に酒蔵があるため、卸業者を通さずに直接お客様にお酒をお届けすることができます。  

2- 質の高い現地製品: WAKAZEはフランス現地での原料調達により価格を抑え、また、CO2排出量を削減しています。あなたにとっても地球にとっても優しいメーカーであり続けます。

3- 物流費の削減: WAKAZEは消費地の近くで生産することで、輸送や在庫にかかるコストを抑えています。

オンライン購入

WAKAZE公式オンラインストアから、直接お酒をご購入いただけます。

お取扱店様専用ページ

WAKAZEの正規お取扱店様の専用ページです。

フランス国内は無料配送!ヨーロッパ各国は送料一律12€

フランス全土は無料配送。加えてイギリス・イタリア・ドイツ・スペイン・ポルトガル・ベルギー・オランダ・デンマーク・スイス・ノルウェー・ルクセンブルク・アイルランド・フィンランド・オーストリア・チェコ・ポーランドに一律12€で配送をしています。

 

お支払い

WAKAZEは安全なお支払いをお約束します。 

アルコール飲料の飲みすぎは健康に影響を与える恐れがあります。節度を守って楽しみましょう。

Cookieを使用して、サイトがどのように使用されているかをよりよく理解できるようにします。 このサイトを使い続けることで、このポリシーに同意したことになります。